ミタカ・オルゴール館

オルゴールの音って、癒されるから好きです。

 

 

オルゴール館が三鷹にあるって知ってから、なかなか行く機会がなく、、、

 

 

 

やっと!

 

先日、訪れることが出来ました!

 

f:id:bluegreenbird:20171029205338j:plain

三鷹駅南口から、徒歩で5分くらい。近かった。

この時点で、オルゴールの演奏が聞こえ、期待度が高まります!

 

f:id:bluegreenbird:20171029205542j:plain

ビルの3階。入り口からも中の様子が伺えます。

 

チケットを購入し、中へ入りました。

館内は、写真撮影・動画撮影は良いとのことでしたよ。

f:id:bluegreenbird:20171029205822j:plain

 

 

 

館内では、11時から1時間おきにオルゴールの演奏を聴くことができます。

館員さんの説明のもと、約45分から1時間、オルゴールの世界を楽しみました。

 

 

10/19~11/6までは、企画展として「Opera 2017 ~アンティークオルゴールに愛されたオペラ曲たち~」が開催されていましたので、オペラで演奏された楽曲をオルゴールで堪能しましたよ。

 

オペラといっても、どこかで聞いたことがある馴染み深い曲ばかりだったので、本当に楽しかったです!

 

また、オルゴールの歴史も学ぶことができますよ。

 

f:id:bluegreenbird:20171029210420j:plain

スイスで作られていた「シリンダーオルゴール」

 

 

f:id:bluegreenbird:20171029210733j:plain

中が見えないけど、ドイツで作られていた「ディスクオルゴール

扉を開けると、穴のあいたディスクが入っていて音を奏でるように

なっているそうだ。

 

オルゴール館では、館員さんが、もっとわかりやすく丁寧に説明してくれます。

 

 

 

全15曲、15台以上のオルゴールと自動演奏楽器の演奏を聴きました。

その中で、同じ曲を違う種類のオルゴールで聞き比べることもしました。

シリンダーオルゴールとディスクオルゴールの音の違いを、ハッキリと聞き分けるという初体験もできました。

 

そして、

オルゴールは、一部の人たちの物ではなく大衆も楽しめるような商業用のオルゴールが現れ、また、人々の「こういうのがあったらいなぁ」という要望が技術の発達とともに現実化されていく様子、時代と共に変化していくオルゴールの歴史も実感できた時間でした。

 

 

それまでは、ただただ、音色に癒されていましたが、

これからは、少し知識も深くなったし、オルゴールの背景も感じながら楽しむことができそうです!

 

12月は、クリスマスの楽曲を演奏するとのこと。

これは、また聴きに行かなくっちゃ!楽しみです!

 

 

ミタカ・オルゴール館

開館時間・10:45~18:00

休館日・毎週火曜日、水曜日(但し、祝日は開館)