井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園をお散歩しました。

 

曇りがちなある日でしたが、やはり夏休み中とあり人出は多かったです。

海外からの観光客と思われる方々も、たくさんいました。

 

まずは、井の頭弁財天へ。

f:id:bluegreenbird:20170807161645j:plain

芸術や音楽、財宝を授ける神様として信仰されています。

弁財天から見える井の頭の池は、多くの緑に囲まれてとても美しいです。

曇っていたので若干暗かったですが、ベンチに座って池や緑を眺めていると、とてもリラックスでき癒されます。

 

f:id:bluegreenbird:20170807162846j:plain

こちらは、銭洗い弁財天。

龍の石像が、迎えてくれます。

 

 

弁財天を出て、ブラブラ歩いていくと、作曲家「中田喜直」の石碑を見つけました。

中田喜直は、「めだかの学校」や「夏の思い出」を作曲された方です。

f:id:bluegreenbird:20170807163750j:plain

 

昭和20年代前半には、三鷹に住んでいたそうです。そして、この井の頭恩賜公園を散策中に生まれたのが、「ちいさい秋みつけた」のメロディーです。

 

この碑は、中田喜直生誕90周年を記念して建てられました。

 

 

 

 

またまた、ブラブラ歩いて歩いていくと「野口雨情」の石碑がありました。

f:id:bluegreenbird:20170812152210j:plain

 

この石碑は、昭和27年に建てられたそうです。この写真からは分かりにくいですが、

石碑には、「鳴いて さわいで 日の暮れごろは 葦に 行々子(よしきり) はなりゃせぬ」(野口雨情作詞「井の頭音頭」の一説)が彫られています。

 

野口雨情は、大正13年から20年間、武蔵野市に住んでいたそうです。

「七つの子」「赤い靴」などの童謡の作詞をし、北原白秋西條八十と共に童謡界の三大詩人といわれました。

 

書斎「童心居」は自然文化園に移築されているそうです。

今回は文化園までは足を運べなかったので、また今度見に行きたいと思っています。

 

 

 

江戸時代から続いているお茶屋さん「井泉亭」で、ひと休み。

f:id:bluegreenbird:20170812154912j:plain

 

 

f:id:bluegreenbird:20170812155105j:plain

夏といえば、「かき氷」!

 

蒸し暑かったので、かき氷を食べているお客さまが多かったです(笑)

 

 

 

f:id:bluegreenbird:20170812155249j:plain

お天気がイマイチだったので、風景の写真はうまく撮れませんでした…

 

けれど、「池と噴水と深い緑」を池沿いのベンチに座って自然を感じることが、気分をリラックスさせてくれるのだなぁと、しみじみ感じました。近くにありながら、なかなか来ない「井の頭恩賜公園」。今回は半周しかしていないし、文化園にも行ってないし…なので、何回も足を運んで楽しみたいと思います。ウォーキングにも、ピッタリ!

運動不足も解消できそうです(笑)