太宰治文化サロン

JR三鷹駅南口を出て、本町通りを約5分位歩くと「太宰治文化サロン」があります。

f:id:bluegreenbird:20170710071741j:plain

 

太宰が通ったとされる伊勢元酒店の跡地に開設されたサロンです。

f:id:bluegreenbird:20170710072306j:plain

 

f:id:bluegreenbird:20170710072351j:plain

 

サロン内は、それほど広くないですが、企画展示の「犯人」「如是我聞」を掲載した文芸誌やその原稿も展示されていました。その頃の文壇での人間関係の説明は、とても興味深かったです。

 

常展としては、太宰についての年表や三鷹に移り住んだ太宰のゆかりの地についての説明・地図が展示されていました。人間関係図もありましたが、最後まで太宰を支え続けた奥様についての説明が印象的でした。

 

また、このサロンがある三鷹市下連雀には、たくさんのゆかりの地があり、それを巡る「定例ガイド」も行われているとのことでした。

 

☆定例ガイド☆

毎月第4日曜(3月~11月)

集合場所:JR三鷹駅南口デッキ上

集合時間:午前9時50分

所要時間:約2時間40分

(予約なし・雨天決行・参加費無料)

 

 

説明して下さったサロンの方々は、とても親切で分かりやすい説明をして下さいました。定例サロンにも参加してみたくなりました。

 

 

f:id:bluegreenbird:20170710073633j:plain

本町通りを駅に戻る途中の三鷹駅前協同ビルで発見した、太宰ゆかりの地の1つ。

 

 

 

太宰治三鷹で生きてきたんだな、生活していたんだな、執筆活動をしていたんだな。。。と感じられる時間でした。そして、その地域が作品内で描かれていたことを改めて知りました。

 

太宰作品は学生時代に読んだのが最後ですが、また手に取ってみようかな、と思う時間となりました。